その他の検査方法

トップバナー

その他の検査方法

バリウム検査で「おなかが張ってゲップがでそうになってしまいますが、唾を飲み込むようなイメージを想像して、検査が終了するまでゲップをしないでください。」といわれることがあります。

でももうゲップがでそうで仕方がない、我慢できないとなると・・・。で、出したらこういわれるはずです。「撮影がぼやけでしまっていますので、また再検査しましょう」と。

こういうう展開になると、次に行われるのが普通ですと胃カメラの検査です。
胃ガンや胃潰瘍の疑いがある場合に行われる検査でもあります。
検査では内視鏡を使います。昔から使われているのがファイバースコープで、口から入れるタイプです。
医療用の機器の進化もすごくて、最近ではさらに小さくなって鼻からいれる経鼻内視鏡というタイプも誕生しています。
この経鼻内視鏡には先端にあのテレビ番組でもよくみかける超小型テレビカメラ(CCD)がついています。今では、この経鼻内視鏡を使うのが主流ということです。
テレビモニターに映像が出るので、何人もの先生が一緒に見ることが出来るので、診断・治療をスムーズに進めていけるということが利点です。
検査を受ける人への負担という面でも少なくなるといいます。
これだと、5mmよりも小さい早期がんの発見も出来ます。

あっ、バリウムの話に戻りますが、近頃ではあの不評の飲みごたえを改善しようということで、オレンジ味といったものも出てきて、少しは飲みやすいものへと進化しているようです。

検査後造影剤としてのバリウム
copyright(C)バリュームのいろいろ